純水装置のオーセンテック|純水とは|

オーセンテックは水道水や地下水を処理し、コストとご希望の水質にあわせて「最善の水処理」をご提供しています。

純水とは|オーセンテックの水処理技術についてのご案内

水道水と純水の基本知識

【 水道水について 】

水道水の基本知識|オーセンテック

水はあらゆる物質を溶かし込むという得意な性質を持っているために、ガス・非イオン性物質・陽イオン性物質・ 陰イオン性物質などの不純物を含んでいます。 一般的な水道水は、原水が地下水もしくは河川水のため、様々な不純物を含んでいます。
上水道は、水道水監視基準51項目に準じてこの不純物を凝集沈殿させて除去した後に、次亜塩素を投入して殺菌し、供給されています。 (水道水のカルキ臭はこれが原因です)
しかし、除去できない不純物は数多く含まれており、その含有量は地質や季節により地域で異なります。

【 純水について 】

純水の基本知識|オーセンテック

純水とは、水から物理的、または化学的な処理によって不純物を除去した純度の高い水のことをいいます。
オーセンテックの純水の作り方としては、水道基準にかからなかった不純物を含む水道水をデプスフィルター・活性炭フィルター などを使用してろ過し、さらに1万分の1μmの分離膜(複合膜)に加圧し、膜表面を流水させながら純水のみを透過して絞り出すという精製法です。 処理の段階で水分子に直接磁気、又は電気(電荷)を与えないのが特徴で、薬品などは一切使用せずにほぼ無菌の飲料水を精製します。

ページトップへ|除鉄・除マンガン装置、逆浸透膜装置のオーセンテック

純水の処理過程

原水が地下水の場合、イオン交換処理または、酸化凝集法による前処理を施し、水道水レベルまで一次処理し、 その上で取りきれなかった不純物を含む水をデプスフィルター・活性炭フィルターなどを使用して濾過します。 さらに1万分の1μmの分離膜(複合膜)に加圧し、膜表面を流水させながら純水のみを透過し絞り出すという特殊な水の精製方法です。
処理の段階で、水分子に直接磁気、または電気(電荷)を与えないのが特徴で、薬品などは一切使用せずに無菌の飲料水を精製します。

オーセンテックの純水処理方法

ページトップへ|除鉄・除マンガン装置、逆浸透膜装置のオーセンテック

飲料水をより美味しく安全に!赤ちゃんのミルクに最適です!

ショッピングセンターベビールーム内に設置

水道水には塩素やトリハロメタンを含む様々な不純物、市販のミネラルウォーターには硬度成分をはじめ、様々なイオン成分が含まれます。
日本の粉ミルクは、ミネラルバランスを充分に考えて製造されていますので、ミネラルウォーターと粉ミルクの成分が結合して粉ミルク本来の栄養価が 損なわれる可能性があるほか、必要以上のミネラルが腎臓機能の未発達な赤ちゃんの体に負荷をかけてしまいます。

純水での調乳は赤ちゃんに安全です。

ナチュラル純水ディスペンサーは、水道水中の塩素はもちろん、突発的な有害物質や最近・ウイルスも阻止した安全な飲料水を精製しますので、 赤ちゃん用粉ミルクの成分効果を充分に生かし安心してご利用いただけます。
オーセンテックでは、この純水ディスペンサーを、一部のアピタ・ユニーのベビールームに設置して、 安心して調乳ができる環境のお手伝いをさせていただいております。

飲食店でも大活躍!

愛・地球博のレストラン内に設置しました。

純水ディスペンサーは、レストランや喫茶店などの飲食店でも有効活用できます。安全で美味しい水をお客様にお出しできますし、 フードコートなどでセルフサービスのウォーターサーバーとして設置も可能です。
2005年行われた愛・地球博、「水と環境」をテーマにしたアサヒパノラマ・レストランには期間中、 国内はもとより世界各国より様々なお客様がご来店されました。そうした中おいしさと安全を両立し、 過激派からのテロ行為など浄水場へ毒物投入のような不足の事態にも対応すべく、安心・安全な飲料水の確保にご利用頂きました。

ページトップへ|除鉄・除マンガン装置、逆浸透膜装置のオーセンテック

ホームへ戻ります|水処理技術を提供します潟Iーセンテック

逆浸透膜で純水を。除鉄除マンガン装置で軟水を。水処理ならおまかせください!潟Iーセンテック