水処理技術のオーセンテック|ワストウィザード -排水濃縮・油水分離装置-(AT-WW)|

「安全な飲料水」だけでなく、「原料水の改善」にも貢献しています。

オーセンテック排水濃縮・油水分離装置のご案内

AT-WW

オーセンテック ワスト・ウィザードシステムは、切削用クーラント溶液または、クリーナー等の排液の濃縮を目的とし開発されました。 その全様は、コンパクトにパッケージ化された「ウルトラ・フィリック改質 PAN」と称する独自のUF膜を主体とし、加圧・送水ポンプと パッケージされたシステムです。

AT-WW(排水濃縮・油水分離機)
  • ほとんどの炭化水素
  • 遊離オイル(Free Oils)
  • 極性有機溶媒
ワストウィザードを使っての排液処理前の排水(左)と後の排水(右)

機能と利点

ワストウィザード内部

オーセンテック ワスト・ウィザードシステムは、製造ラインの製品(部品)を表面処理したクリーナー排水や、切削用クーラント溶液・工場内の循環溶液、 水溶性溶剤および一定の水性産業用流体のリサイクルのための革命的なろ過テクノロジーです。ワスト・ウィザードシステムの利用ポイントは、 様々なシーンで循環する貴重な液体からそれらの耐用年数を縮める経時的な汚れや油分をろ過分離し、 リサイクルすることによるコストの削減を確立することです。
このシステムは、オイルと汚れ成分を含む溶液から水分を抽出しリサイクルを行うため、それらの負荷の高い排水を中枢部である ”スタック(UF膜)”と呼ばれる部分に通過させます。そのためそのスタック自身が目詰まりしないよう定期的な自己クリーニング機能を装備しています。 更にワスト・ウィザードシステムは、最終廃液回収処理を簡便にするための標準サイズ55ガロン(200L)ドラム、またはオプションの100ガロン(380L) タンクにぴったりのサイズに作られています。
ご注意:このワスト・ウィザードは、ご使用前に処理を行う液状の適正テストをお勧めします。

除鉄・除マンガン装置、逆浸透膜装置のオーセンテック|ページトップへ

優れた耐薬品性と化学的安定性

クーラント液の油水分離

クリーナー溶液や水溶性溶剤をリサイクルする、ワスト・ウィザードシステムの能力が発揮される多くは、 様々な液体の使用に際し混入する粒子や機械汚れまたは機械油、汚れを吸い込んだ溶液や洗浄水などの使用済みでありながら、 汚れ成分や油分などを分離することにより再生利用可能な液体として再生し、無駄な排液処理を減らすこと、さらに それらの液体を必要とする現場での加工品質の向上とともに、製品の加工コストを節約する、水をよりクリーンにする リサイクルシステムです。
(右画像:クーラント液の油水分離)
画像をクリックすると拡大画像が表示されます →

  • ●使用済みクリーナーやクーラント溶剤の最高80%までリサイクルします。
  • ●排液濃縮が可能な排液は、大幅に処分コストを削減します。
  • ●水溶性溶剤中の水分を腐敗する前に交換することが可能になります。(場内環境保全)
  • ●自動運転が可能な自己洗浄サイクルコントロール制御。
  • ●条件変化の下、スマートなコントロールユニット。
  • ●前処理不要;特殊なUF膜は溶液から水分をろ過します。
  • ●小さい据付スペースを実現し、55gal(200L)のドラム缶に搭載可能。
  • ●様々な利用シーンのためにシンプルに作られています。
  • ●米国で特許を取得したUltraFilic改質PANは最も高いアウトプットを確実にします。

超親水性メンブレンの適合性

次の表は各浸水膜と薬品の適合性を表すワスト・ウィザードの優位性を示します。

薬品タイプ 超親水性PAN PVDF PS
脂肪族 炭化水素(例:へキサン)
芳香族 炭化水素(例:キシレン) ×
ハロゲン族 炭化水素(例:1,1,1 トリクロロエタン) × ×
極性有機溶媒(例:アセトン、MEK) × ×
アルカリ
◎:優れている ○:良い ×:非適合

カタログ(pdfファイル)

ワストウィザードのカタログです。(PDFファイル)

除鉄・除マンガン装置、逆浸透膜装置のオーセンテック|ページトップへ

水処理技術を提供します潟Iーセンテック|ホームへ戻ります。

逆浸透膜純水装置、除鉄・除マンガン装置は・・・岐阜県の水処理会社オーセンテック